2024年05月30日

孫がおだって騒いで大暴れしたせいで大変な事態になった

夫と息子達の所に行って来た

今回は子守がメインでは無くて

家の外にバスケットゴールを

設置するので息子に

「1人では無理だから」

「お父さんに来て欲しい」

そうお願いされた

バスケットゴールは

誕生日プレゼントにしては

35000円と高額なので

孫(妹)と差が付き過ぎるから

クリスマスと合算にするって事で

孫(兄)には納得させた



で、行くまでの間

息子が何度も

「設置するのに時間かかる」とか

「大人が何人かでやっても大変だ」とか

「動画見たけどかなり大仕事だ」とか

グタグタ言っていた

だけどそれを聞いても私は

夫さえ居れば大丈夫だ

そういうのは夫は得意だし

どうとでもなる

そう思っていた

だから息子に

心配ない

お父さんがやってくれる

それで行く途中に

その事言ったら夫も

「どうせ息子の事だから大袈裟に言ってる」

「そんな大変では無い」

「すぐに出来る」

で、私もそうだよねー

そんなに大変な訳無いよねー

2人とも軽く考えていた



けど違ったー(汗)

まぢで息子の言う通りで

夫と息子そして私も手伝って

3人がかりで3時間半かかった

それもそうとう苦労して

やっとこすっとこ設置した



終わってから重石にする土嚢?

それを買いにホームセンターに行って

その帰りにみんなで回転寿司に行った

全員でモリモリ食べても

お会計は8000円程

お安く済んでホッとした

ってか

支払ったのは夫で

私では無いけどさ



その夜は夫も私も

そうとう疲れていた

なのに孫(妹)が

うちらと一緒に寝たいって言い張って

夫と私の間に入って来た

それならそれでいいか

そう思って真ん中に寝せたんだけど

これがどうしたもんだかさ

思いっ切り大の字になって寝る(汗)

それでこっちのスペースが

俄然狭くなって

寝ずらくてしょうがない

孫(妹)の寝姿を見ながら夫が

「スゲーな」

「なんなのよ、こいつ」

「どうなってるのよ?」

夫も私も狭いスペースで

寝れないでいたら

息子が気を利かせてやって来て

孫(妹)を抱っこして

連れて行ってくれた

ほっ=3



それからまもなく

疲れ果てたジーバーズは爆睡した



そんでもって〜

この孫(妹)がうちらの布団で

寝た話には続きがある

その時に孫(妹)が

嬉しくておだって騒いで

暴れた時に孫(妹)の足が

私の顎に直撃した

当たった瞬間激痛が走って

その場にうずくまった

自分の舌を噛んで

痛くて動けなかった

少しの間痛いのは痛いけど

そこまで我慢出来なくもないし

孫(妹)も心配そうな顔をするので

大丈夫だよ

そう言ってその日は寝たけど

次の日になって

痛みはそうでもなかったけど

ろれつが回らない

しかも黙っていても

口の両端からヨダレがこぼれる

まぢ?

どうなっとるん?

やばくない?



息子宅に居る間

ほぼその状態で

孫(兄)には

「ばあば、何言ってるかわかんない」

「そうとう酷いんじゃない?」

そう言われる程だった

これはもうどうにかなった

戻ったらすぐに病院に行こう

それで治るか?

元通りに話せるようになるか?

ヨダレはこぼれないようになるんだろうか?

治らなかったらどうすりゃいいんだ?

あれこれ考えていたけど

不思議な事に

実家に戻って一晩寝たら

痛みも全く無くなって

普通に話せるし

ヨダレもこぼれなくなった



あんなふうになるなんて

自分でも想像もしなかったから

かなり驚いたけど

なんともなくて良かった

あれで本当にどうにかなっていたら

私も孫(妹)も

心に大きな傷をかかえる所だった



20240311032059322.jpg

孫はかわいいけど

とにかく疲れるんよ

まだその疲れが抜けなくて

ダラダラ過ごしている




ポチっと応援して貰えたら嬉しいです

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ




posted by ちーず at 00:50| ポンちゃん | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
スポンサードリンク
プロフィール
名前:ちーず
性別:女性
一言:
専業主婦です。小さい孫が二人います。大好きな言葉は「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」です。


カテゴリ
(107)
たわし(私)(241)
息子(62)
嫁と姑(74)
孫ちゃわん(38)
(67)
北海道(40)
懸賞(82)
へそくり(26)
お得情報(42)
借金(16)
バイト(4)
ツイッター(2)
韓国ドラマ(5)
ポンちゃん(21)
中国ドラマ(1)
過去ログ
2024年06月(2)
2024年05月(10)
2024年04月(24)
2024年03月(25)
2024年02月(29)
検索
 
RDF Site Summary
RSS 2.0