2018年06月27日

アンテナの修理代

先月強風の日に実家のアンテナが飛んだ〜(汗)

飛んだアンテナはお隣と実家の屋根の間にかろうじて引っかかってる〜

引っかかってるアンテナはいつ下に落ちてもおかしくない状態〜

そんな状態でもテレビは普通に映っていた〜

これって修理してもらうとしたらいくら位かかるんだろ?

ネットで調べてみたら軽く10000円は超える〜

へたしたら20000円位になる鴨〜

いやいや〜

なしてこうなるのかな?

貧乏人の家に限ってこういうふうになるよな〜

貧乏でもまじめに生きてる人間に酷い仕打ちなんでないかい〜

この世に神様はいないのかい?

そんな事をあれやこれや考えて修理代どうするか?

頭を悩ませていた〜

取りあえずお隣には修理頼むまでしばらくこの状態ですみません〜

そう断りを入れた〜

それから数週間〜

昨日お隣に業者が屋根を塗る作業に来た〜

母が業者に「アンテナ邪魔でしょ」

そう声をかけた〜

そしたら〜

「ん?アンテナ?」

アンテナに目をやって〜

「こっちの屋根から届くから後で付けといてやるよ」

ええ〜っ

まぢ?

それから少しして実家の壁がカンカン音を鳴らした〜

音が鳴り終わるとアンテナが見事に元の場所に収まっていた〜

急いで缶コーヒーやお茶を差し入れした〜

業者のおじさんにお礼を言うと〜

「なんも気にするな」

笑いながらそう言った〜

結局数万円の修理代が無料になった〜

この世に神様はいないって思ってた〜

そう思っていたけどさ〜

やっぱいた〜


















rps20180627_140427_101.jpg



孫ちゃわんの遠足のお弁当〜

簡単過ぎてお恥ずかしいけどね〜

小さい子のお弁当作ったの20年以上前だからさ〜

どう作っていいもんだかわかんなくてこうなった〜

なぜか卵焼きに1本だけ飾りのピックを刺してみたりしてる〜(汗)

おにぎりも小さくしようとすればする程形がイビツになった〜(汗)

どうにかこうにか作ったお弁当を孫ちゃわんは残さず食べて帰って来た〜

「ババ美味しかったよ」

そう言ってくれた〜

ついでに作った息子のお弁当〜

こちらもお昼代が助かったと喜んでくれた〜
















孫ちゃわんは現在赤ちゃん返りの真っ最中らしい〜

ママをポンちゃんに取られたって気持ちでいっぱいらしい〜

なんだかいつも寂しそうにしてるらしい〜

そのせいか最近お漏らしをするようになったらしい〜

家でも保育園でもそうらしい〜

お漏らし?

その話を聞いて胸が痛くなった〜

ホント胸が痛いってこういう事だ〜

今はお嫁チャンのお母さんが来てくれている〜

お任せして見守るしかない〜












読んだ印に下のバナーを押して応援して貰えたら嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


posted by ちーず at 15:33| たわし(私) | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク